ニキビ

たかがニキビ、されどニキビです。
きちんと手入れして悪化しないようにしましょう。

若者(10歳代)のニキビとは

①症状
10歳代の若者のニキビは、皮脂分泌の多い顔面、前胸部、背面の毛孔に一致した多発性の炎症性の丘疹です。
小学校の高学年から認められ、額に最初に発生します。
適切な治療をしないと皮膚に傷跡を残すことがあります。
 

②原因
思春期になると男性ホルモンの分泌が増加し、毛孔内に開口している皮脂腺の分泌が多くなり、毛孔に皮脂が貯留します。
また体質や洗顔不足で角質が毛孔をふさぎ、毛孔に貯留した皮脂が排泄されずに、皮膚は白色の隆起となります(白にきび)。さらに毛孔の出口に常在するニキビ菌が炎症を起こし、赤い炎症性の丘疹(赤ニキビ)となります。
炎症が毛孔全体に及び黄色い膿を伴った膿胞となることもあります。

③治療
■日常生活
日常生活の改善が第一となります。
規則正しい生活をして、十分な睡眠時間をとりましょう。
ストレスのない生活を心がけてください。
規則正しく食事を取り、野菜をとり便通を整えましょう。
甘いものやスナック菓子などは控えましょう。
洗顔は1日2回、強くこすらず石鹸を泡立てて、ぬるま湯で行いましょう。
洗顔後は化粧水で保湿を忘れずに行ってください。
化粧は油性成分の少ないものを使用してください。
ニキビを気にして触るのはいけません。
ニキビを前髪で覆うのも症状を悪化させます。

■薬物療法
抗生物質の軟膏外用や内服をおこなます。
硫黄剤の外用を行うときがあります。
ビタミンB,やビタミンCの内服をおこないます。
これらの治療で改善しないときは、ケミカルピーリングやビタミンC誘導体のローションを使用したり、ビタミンCのイオン導入を行います。

大人のニキビ(思春期後ニキビ)とは?

1:ビタミンC誘導体

ビタミンCそのものは皮膚に浸透しにくい性質を持っています。
ビタミンC誘導体はビタミンCの骨格にリン酸や脂肪酸、糖などの側鎖が付いたもので、皮膚組織や細胞に浸透しやすい性質を持っています。
現在、リン酸アスコルビルNa(APS),イソパルミチン酸アスコルビル(VCIP)、などが開発されています。
 ビタミンC誘導体配合のローションを肌に使用すると、ビタミンC誘導体が肌に浸透しビタミンCに変換されて抗酸化作用を示します。
この抗酸化作用で、皮膚に炎症を起こす活性酸素そのものを除去します。
さらに、ビタミンC誘導体には肌代謝の促進、コラーゲンの合成促進、皮脂分泌の抑制など肌そのものへの作用があり、毛孔漏斗部の角化を改善する働きがあります。
 実際の使用方法は、ビタミンC誘導体配合のローションを、朝晩の洗顔後、化粧水と同じように使用するだけです。
通常2ヶ月で効果が見られ、半年ほどで治癒することが多いようです。
 当院では、ビタミンC誘導体とモイスチャーローションを院内で調合して御希望の方にお分けしています。
ビタミンC誘導体は活性の低下が早いため、調合後2週間以内に使用してください。

2:ケミカルピーリング

ケミカルピーリングも大人のニキビの治療に有効です。
当院では20~40%のグリコール酸を顔や背中に10分間塗布しておこなっています。
PHを調整してありますので、皮膚に対する刺激感はほとんどありません。
角質層のみの化学的剥離ですので,治療直後に皮膚が荒れることがなく、すぐ化粧が可能です。
 ケミカルピーリングは毛孔の角栓を除去し、毛孔を開大させ、皮脂の排泄を促進させます。
また皮脂分泌の抑制効果やニキビ菌の殺菌効果もあります。
以上よりケミカルピーリングは大人のニキビを改善します。
 角質層を剥離し、新たな角質層にしますので、肌のクスミがきえます。
化粧ののりがよくなります。
ニキビの跡の赤みも薄くなります。
毛穴も引き締めます。
 通常、1から2週毎に行い、合計8から10回実施しています。
ビタミンC誘導体配合のローションやビタミンCのイオン導入を併用するとさらに効果が上がります。

3:ビタミンCのイオン導入

ビタミンC誘導体は電気的にマイナスイオンであり、イオン導入器を用いてビタミンCを電気的に浸透させると、単純に皮膚に塗布したときの数十倍の量を浸透させることができます。
高濃度に浸透したビタミンCが抗酸化作用でニキビの炎症をおさえます。
 当院ではケミカルピーリング直後にビタミンC誘導体のイオン導入を行い、さらにビタミンC誘導体配合のローションで保湿して治療効果を上げています。

中年のニキビとは

中年の女性では顔の痒みや灼熱感を訴えることがあります。
鼻を中心に額や眉の間に毛包に一致した紅斑を認めます。
紅斑及び周囲の皮膚の表面を削って顕微鏡で調べると毛包虫(ニキビダニ)を認めます。
副腎皮質ホルモン軟膏を使用してるとなりやすいと言われています。
治療法はイオウ剤の塗布や副腎皮質ホルモン軟膏の使用を中止することです。